一般社団法人 九州地域づくり協会
  先人の知恵と工夫を学ぶ土木遺産紹介のページです

トップページです。
県別の地図、リストより探せます。
土木遺産特集
関連サイトのリンク集です。
ご意見・問合せはこちらまで。


ながのずいどう
長野隧道                                      八女市黒木町
トンネル

image54

所在地・完成年等 施設の形式・諸元
●所在地:八女市黒木町犬山 国道442号
●完成年:1889年(明治22年)
●設計者:八女郡役所
●施工者:不明
●管理者:福岡県八女土木事務所
●文化財指定等:
●延長:41.0m
●幅員: 7.3m


遺産の説明(社会的背景・歴史的・文化的価値など)
 八女郡役所時代の1889年(明治22年)に矢部道路の長野村・犬山間の切り通しに掘られた隧道で、工期約1年、工事費400余円で完成しています。
 郡役所時代の土木工事としては、明治19年に久留米・熊本間の国道(現 国道3号)、同21年に福島・若津間の県道(現 国道442号)、同22年に長野隧道、瀬高・西牟田線(現 筑後市、瀬高・久留米線)、同23年に福島・北山間(現 立花町、八女・瀬高線)の開通などがあり、道路網の整備が進められました。


交通アクセス
九州自動車道八女ICから東へ車で約20分

Yahoo!地図へリンク

※当情報は位置情報のみです。施設へのアクセスが危険な箇所もありますので安全性を確認して下さい。

Copyright (C) 2014 Kyushu Chiikizukuri Kyoukai. All Rights Reserved