一般社団法人 九州地域づくり協会
  先人の知恵と工夫を学ぶ土木遺産紹介のページです

トップページです。
県別の地図、リストより探せます。
土木遺産特集
関連サイトのリンク集です。
ご意見・問合せはこちらまで。


とりのはがさね
鳥羽重ね                                       嬉野市
堤防

image77

所在地・完成年等 施設の形式・諸元
●所在地:嬉野市塩田町塩吹
●完成年:1763年(宝歴13年)
●設計者:庄屋 前田伸右衛門
       鍋島藩祖 鍋島直澄
●施工者:鍋島藩
●管理者:佐賀県
●文化財指定等:
●堤防(遊水池)
●延長:約2.5km
●堤防切断地:7箇所
●遊水地:7箇所



遺産の説明(社会的背景・歴史的・文化的価値など)
 鳥羽重ね(とりのはがさね)とは、河川の洪水、堤防の決壊による被害を最小限に食い止めるため、塩田川本流の堤防を切断して、濁流を川の湾曲内側の二重堤防の中に導き、その激流を和らげる遊水地のことです。
 塩田川は、有明海の満ち潮などその地勢上、古来から頻繁に洪水を引き起こし、多くの被害をもたらした荒れ川でした。
 1763年(宝歴13年)に、時の庄屋前田伸右衛門によって堤防が改修され、蛇行している塩田川の右岸、左岸交互に外側の堤防、内側の堤防があたかも鳥の羽を重ねたようになったことから、鳥羽重ねと呼ばれました。遊水地内は、平らな水田で上流から流れてきた泥流は、水が引くとともに肥料分を含んだ土を置き土産としたため、肥沃な良田となりました。
 前田伸右衛門は、塩田津に生まれ、教育や土木事業に尽力し、蓮池藩西目の治水の神として名声を博しています。
 鳥羽重ねは、塩田川の各地に作られていましたが、河川改修等に伴い現在その遺構が残されているのは、「源蔵地区」の一ヶ所だけとなっています。


交通アクセス
・鹿島市内から車で約30分
・嬉野市役所から車で約5分 

Yahoo!地図へリンク

※当情報は位置情報のみです。施設へのアクセスが危険な箇所もありますので安全性を確認して下さい。

Copyright (C) 2014 Kyushu Chiikizukuri Kyoukai. All Rights Reserved