一般社団法人 九州地域づくり協会
  先人の知恵と工夫を学ぶ土木遺産紹介のページです

トップページです。
県別の地図、リストより探せます。
土木遺産特集
関連サイトのリンク集です。
ご意見・問合せはこちらまで。


おおむらせんのれんがとんねるぐん大村線の煉瓦トンネル群
(そのぎとんねる・かわたなとんねる・みやむらとんねる) (彼杵トンネル、川棚トンネル、宮村トンネル他)                                        佐世保市
トンネル

image91

所在地・完成年等 施設の形式・諸元
●所在地:長崎県佐世保市、東彼杵郡川棚町、東彼杵町、JR大村線
●完成年:1898年(明治31年)
●設計者:不明
●施工者:不明
●管理者:JR九州
●文化財指定等:
●延長:彼杵:423.0m
     川棚;334.5m
     新谷;219.4m
     宮村;103.6m
     南風崎;183.6m
●形式:煉瓦トンネル(煉瓦+石ポータル)

彼杵トンネル全景



彼杵トンネル遠景

川棚トンネル

宮村トンネル
遺産の説明(社会的背景・歴史的・文化的価値など)
  大村線の煉瓦トンネル群は、明治31年に九州鉄道長崎線の鉄道トンネルとして完成しました。長崎県の大村湾沿いを走る現在のJR九州大村線は、昭和9年まで、佐世保市早岐から大村を通り諫早市を結ぶ旧国鉄の長崎本線の一部として使われていました。
 石橋台や石ポータルの煉瓦アーチが現存しており、明治中期の煉瓦トンネルとして原型をよくとどめて残っている貴重な土木遺産です。


交通アクセス
JR東彼杵駅から1.5km、東そのぎICから2.5km

Yahoo!地図へリンク(彼杵トンネル)

Yahoo!地図へリンク(川棚トンネル)

Yahoo!地図へリンク(宮村トンネル)

※当情報は位置情報のみです。施設へのアクセスが危険な箇所もありますので安全性を確認して下さい。

Copyright (C) 2014 Kyushu Chiikizukuri Kyoukai. All Rights Reserved