一般社団法人 九州地域づくり協会
  先人の知恵と工夫を学ぶ土木遺産紹介のページです

トップページです。
県別の地図、リストより探せます。
土木遺産特集
関連サイトのリンク集です。
ご意見・問合せはこちらまで。


まんねんはし
万年橋                                       大分市
橋梁

image149

所在地・完成年等 施設の形式・諸元
●所在地:大分県大分市寒田
●完成年:1862年(文久2年)
●設計者:寒田村庄屋 佐藤孝兵衛(発起人)
●施工者:石工 後藤郷兵衛
●管理者:西寒田神社
●文化財指定等:大分県指定有形文化財
●延長:22.0m
●幅員:3.0m
●高さ:3.9m
●形式:石アーチ



遺産の説明(社会的背景・歴史的・文化的価値など)
 万年橋は、寒田川を渡る西寒田神社の神橋として架けられ、石造単アーチ橋で、軽快で美しい弧線を描き、太鼓橋とも呼ばれています。全長22m、幅3mで11mの径間に対してアーチの高さが3.9mと低く、アーチと路面の間も狭いのが特徴です。
 江戸時代末1862年(文久2年)延岡藩寒田村の庄屋佐藤氏等が発起し、大野郡柴北村(現豊後大野市)の石工後藤氏等によって同年完成しています。境内には、ふじ(樹齢400年余)があり、ふじの花の咲く時期には、この橋を渡る人も多く、大分県の有形文化財に指定されています。


交通アクセス
JR日豊肥本線大分大学駅から車で約5分 

Yahoo!地図へリンク

※当情報は位置情報のみです。施設へのアクセスが危険な箇所もありますので安全性を確認して下さい。

Copyright (C) 2014 Kyushu Chiikizukuri Kyoukai. All Rights Reserved