一般社団法人 九州地域づくり協会
  先人の知恵と工夫を学ぶ土木遺産紹介のページです

トップページです。
県別の地図、リストより探せます。
土木遺産特集
関連サイトのリンク集です。
ご意見・問合せはこちらまで。


いわどばし
岩戸橋                                       竹田市
橋梁

image154

所在地・完成年等 施設の形式・諸元
●所在地:大分県竹田市萩町
●完成年:1849年(嘉永2年)
●設計者:庄屋 垣田角次郎
●施工者:(石工)久米蔵、後藤桧五郎
●管理者:竹田市
●文化財指定等:大分県指定有形文化財
●橋長:28.2m
●橋幅:4.4m
●支間:17.4m(1連)
●拱矢:8.9m
●形式:石アーチ



遺産の説明(社会的背景・歴史的・文化的価値など)
 竹田市荻町の町はずれには、大分県指定文化財としては、最初の石造アーチ「岩戸橋」(嘉永2年、1849年)が架かっています。橋長28.2m、径間27.4m、壁石は乱積みの素朴な石積みです。
 この道はかつては、「南郷路」と呼ばれ、岡城から肥後領南郷方面および延岡領高千穂へ通ずる要路でした。大野川の支流山崎川が外輪山の台地を深く浸食し、文字通り”岩の戸”のように険しい地形にあった岩戸橋が架けられる前は、現在の鋼橋の下あたりに転石を利用して石垣を築き、それに丸太木を渡して土橋を架けて通行していました。しかし、台風や大雨の度に橋は流されることが多かったようです。
 江戸時代も後半に入ると、長崎で発達した石橋の技術が肥後を経て豊後に流入して来ました。その頃村民は岡藩に架橋を申請し工事に着手、2ヵ年の歳月を費やして完成したのです。
 その後、人々の安全な通行ははもちろん、陸の孤島旧柏原村(現竹田市)にも車馬の通行が可能になり、農林産物の積出しや、生活物資の搬入など、経済的、文化的にどれほど貢献したか計り知れないものがありました。


交通アクセス
県道135号線高森竹田線を竹田市荻町方面へ進み、荻郵便局をJAの方へ500mほど進みます。

Yahoo!地図へリンク

※当情報は位置情報のみです。施設へのアクセスが危険な箇所もありますので安全性を確認して下さい。

Copyright (C) 2014 Kyushu Chiikizukuri Kyoukai. All Rights Reserved