一般社団法人 九州地域づくり協会
  先人の知恵と工夫を学ぶ土木遺産紹介のページです

トップページです。
県別の地図、リストより探せます。
土木遺産特集
関連サイトのリンク集です。
ご意見・問合せはこちらまで。


ふるとのはし
古殿橋                                       豊後大野市
橋梁

image157

所在地・完成年等 施設の形式・諸元
●所在地:大分県豊後大野市大野町
●完成年:1817年(文化14年)
●設計者:不明
●施工者:(石工)阿部清右エ門
●管理者:豊後大野市
●文化財指定等:豊後大野市指定有形文化財
●橋長:9.0m
●橋幅:1.8m(横に2.75mのアーチを
         継ぎ足して4.5m幅)
●径間:5.6m(1連)
●拱矢:2.6m
●形式:石アーチ



遺産の説明(社会的背景・歴史的・文化的価値など)
 古殿橋は、旧町道に架かる石橋で、県内では3番目に古く、下流側にもう一つの石橋(大正9年、1920年)を架けて拡幅されています。アーチ石の下面には、この石橋の架設年・寄進者・石工の名前を刻んであるのが珍しいところです。寄進者は地元の小野清右衛門、石工は旧挟間町(現由布市)の阿部清右衛門です。
 側面から見るとアーチの上部がやや押し潰された形になっていますが、架設後に変形したものかどうかは判りません。山間に広がる田園の中に取り残された石橋です。現在は生活道路として利用されていますが、橋の下流側には新しい道路を建設中です。


交通アクセス
国道57号、豊後大野市朝地町・豊後大野市大野町の境から北へ1.3Km、西部小の入口から左折、2.8Km先。 

Yahoo!地図へリンク

※当情報は位置情報のみです。施設へのアクセスが危険な箇所もありますので安全性を確認して下さい。

Copyright (C) 2014 Kyushu Chiikizukuri Kyoukai. All Rights Reserved