一般社団法人 九州地域づくり協会
  先人の知恵と工夫を学ぶ土木遺産紹介のページです

トップページです。
県別の地図、リストより探せます。
土木遺産特集
関連サイトのリンク集です。
ご意見・問合せはこちらまで。


つかばるだむ(つかばるはつでんしょ)
塚原ダム(塚原発電所)                                      宮崎県諸塚村
堰堤

image19

所在地・完成年等 施設の形式・諸元
●所在地:宮崎県東臼杵郡諸塚村 耳川
●完成年:1938年(昭和13年)
●設計者:不明
●施工者:間組
●管理者:九州電力
●文化財指定等:(国登録有形文化財)
           経済産業省近代化産業遺産
●型式:コンクリート重力式ダム(テンターゲート)
●堤高:87m
●堤頂長:215m
●湛水面積:122ha
●総貯水容量:34326千立方メートル
●発電:62600kw

堤体全景


堤体近景
遺産の説明(社会的背景・歴史的・文化的価値など)
 塚原ダムは、宮崎県美々津川(耳川)上流に、戦前の土木技術の粋を集めて建設されたダムです。昭和10年8月に起工し、昭和13年9月に完成しましたが、当時、日本で最も堤体が高いダムでした。
 ダムのデザイン面では、高欄には、万里の長城をイメージしたといわれるバトルメント(狭間胸壁)のような凹凸がみられます。さらに、通路の小塔は、正面でみると、デザインを考慮して、越流部の両端に位置していることがわかります。
 しかし塚原ダムが有名なのは、このようなデザイン面にあるのではなく、日本初の80m級ダムで、昭和戦前期に限れば、国内では、長野県にある三浦ダムの83.2mを抑えて、最も高いハイ・ダムであることがあげられます。また、技術的にも、コンクリート材料の開発、低発熱の中庸熱セメントや、コンクリートの打設に日本初の可動式ケーブルクレーンを採用したこと、玉石を使用しない最初の硬練コンクリートダムであること等、近代的な機械化施工を導入した工事で注目を集めたダムです。なお、この大工事の陰には、尊い44人の殉職者があり、ダム右岸に慰霊碑が建立されています。
交通アクセス
日向市内より国道327号を車で約1時間。

Yahoo!地図へリンク

※当情報は位置情報のみです。施設へのアクセスが危険な箇所もありますので安全性を確認して下さい。

Copyright (C) 2014 Kyushu Chiikizukuri Kyoukai. All Rights Reserved