一般社団法人 九州地域づくり協会
  先人の知恵と工夫を学ぶ土木遺産紹介のページです

トップページです。
県別の地図、リストより探せます。
土木遺産特集
関連サイトのリンク集です。
ご意見・問合せはこちらまで。


かいだかわあんきょ
会田川暗渠                                      湧水町

image3

所在地・完成年等 施設の形式・諸元
●所在地:鹿児島県姶良郡湧水町米永地内
          JR肥薩線(栗野-大隅横川間)
●完成年:1903年(明治36年)
●設計者:不明
●施工者:不明
●管理者:JR九州
●文化財指定等:
●延長:29.3m
●内幅:2.45m(推定)×1連
●拱矢:1.23m
●煉瓦4重巻(厚47㎝)半円形  内高3.7m
●形式:煉瓦暗渠



遺産の説明(社会的背景・歴史的・文化的価値など)
  肥薩線が会田川を跨ぐために造られた暗渠である。この暗渠も基本的には自然河川にかかるアーチと同じであるが、沿線の他の暗渠と比較して内高が高い。これは会田川の増水に備えて、背の高い暗渠にして必要な通水断面積を確保したものと推察される。この場所は盛り上がりが大きく、土被りが厚いので、暗渠を高くすることが可能であった。もし土被りが薄いならば、暗渠幅を大きくする必要があったと考えられる。洪水時の出水量の詳しい計算もしなくて、この判断をした当時の技術水準は高いものであった。
 河床が比較的急勾配なため、河床を敷石で護っている。


交通アクセス
JR肥薩線の栗野駅または大隈横川駅まで車で約5分。会田バス停より50m。

Yahoo!地図へリンク

※当情報は位置情報のみです。施設へのアクセスが危険な箇所もありますので安全性を確認して下さい。

Copyright (C) 2014 Kyushu Chiikizukuri Kyoukai. All Rights Reserved