一般社団法人 九州地域づくり協会
  先人の知恵と工夫を学ぶ土木遺産紹介のページです

トップページです。
県別の地図、リストより探せます。
土木遺産特集
関連サイトのリンク集です。
ご意見・問合せはこちらまで。


きんざんはし
金山橋                                      加治木町
橋梁

image5

所在地・完成年等 施設の形式・諸元
●所在地:鹿児島県姶良郡加治木町小山田井出向地内 町道城・井手向線(網掛川)
●完成年:1875年(明治8年)
●設計者:野元正太他8名
●施工者:野元正太他8名
●管理者:加治木町
●文化財指定等:町指定文化財
●橋長:22.5m
●幅員:4.5m
●支間:19.5m(1連)
●拱矢:7.50m
●形式:石アーチ



遺産の説明(社会的背景・歴史的・文化的価値など)
  加治木町小山田井出向の網掛川に架かる1連アーチ橋である。明治10年に山ケ野金山が本格的な稼働を始め、それに先駆けて横川街道を改修した。これまで街道にあった橋を「金山橋」として明治8年頃架け替え、横川から加治木海岸(通称“舌出し”)に通じる金山道として整備した。この金山道は、起伏の激しかった当時の街道を開削し、山ケ野金山との物資輸送の便を良くする目的で整備された。径間長16.3m、拱矢7.5m、拱矢比2.2と半円形アーチを呈し、1連アーチでは県内最大の規模である。安定感を与える壁面に持たせた傾きと、二重アーチの装飾が特徴である。平成元年に町の指定文化財となっている。橋の背後には板井手滝を望むことが出来、景観的にも優れた土木遺産と言える。

交通アクセス
JR日豊本線の加治木駅まで車で約10分。下小山田バス停より580m。

Yahoo!地図へリンク

※当情報は位置情報のみです。施設へのアクセスが危険な箇所もありますので安全性を確認して下さい。

Copyright (C) 2014 Kyushu Chiikizukuri Kyoukai. All Rights Reserved